宗教法人税金相談.comの税金お役立ち情報を発信

ホーム > 税金お役立ち情報

税金お役立ち情報

全3件

  • 宗教法人の税務会計セミナー in 長野県松本市 2010.7.20

    2010年07月22日 セミナーのポイント

    1.源泉徴収制度を理解する。宗教法人にやってくる税務署の調査官は、源泉徴収担当である。

    2.宗教法人は非課税。宗教家は課税。

    3.個人(住職等の寺族)へ資金を流用していないことを証明するためには。

    4.次の文章を深く理解する。


    近畿の宗教法人に税務調査
    925法人で、国税まとめ
    (2009年02月03日)

     大阪国税局が2008年6月までの3年間に近畿2府4県にある1476の宗教法人に行った税務調査で、6割以上の925法人に源泉所得税の課税漏れがあり、計約7億8800万円を追徴課税していたことが分かった。
     課税漏れのうち212法人は重加算税の対象となる不正が見つかったという。
     関係者によると、税務調査は京都や大阪の寺院などで行われた。法人が所有する不動産を売却して得た代金を個人で使ったり、僧侶が法要で受け取った謝礼金を私的に支出したりするなどのケースがあった。
     これらの金銭的なやりとりについて、大阪国税局は法人収入に当たると判断し、個人使用分は法人から個人への給与に当たると認定したとみられる。


    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

     セミナーを終えて・・・

     HPよりお問い合わせ頂きました。
     遠方にもかかわらず、お招きいただきありがとうございました。
     たくさんのお寺のご住職の奥様(帳面を記帳される方々)に参加して頂きました。
     今回は源泉徴収制度の考え方と、特に最近の宗教法人の調査の傾向を私自身の経験に基づいて詳しくご説明致しましたが、関心を高くお持ちになり熱心にお聞き頂きました。
     最初は、皆さん「税務署の調査」を受けているように大変緊張なさっておられましたが、話を中断し「もっと肩の力を抜いて気楽に朗らかに」と申し上げると、笑って頂き、後はわいわいとスムーズに進行致しました。
     セミナー後の茶話会では、グループごとに回らせて頂き、個々のお寺様の素朴な質問にお答え致しました。
     少しでも今後のお寺の運営にお役に立てればと願っております。


     今回は曹洞宗寺族会のみなさんにお招きいただきましたが、地域・宗派に関わらずセミナーのご依頼を承っております。
     ご依頼は「お問い合せ」よりご連絡ください。




    曹洞宗長野県第二宗務所寺族会

  • 国際グラフで萩原流行さんに取材を受けました

    2009年02月10日 このたび、国際グラフという雑誌で俳優の萩原流行さんに取材を受けました。
    今回その記事の一部をご紹介いたします。
    -----------------------------------------------------------------------------
    信頼関係を深め、よろず相談所として真価を発揮したい

    【萩原】早速ですが、まずは税理士になられたきっかけからお聞かせ頂けますか。

    【坂本】 私は大学卒業後、住宅メーカーに入社し営業マンとして土地の分譲や建物の請負、土地の有効活用など不動産に関する業務をすべて経験させて頂きましたが、その中でも最もやり甲斐を覚えたのが土地有効活用でした。
    その流れの中で銀行や設計事務所、司法書士の方々など多くの出会いがありましたが、土地有効活用の最大の目的は相続税対策にあるため、税理士さんとご一緒に仕事をさせて頂く機会も多く、そのうちに税理士の仕事に魅かれるようになったのです。
    また、義父が税理士だったこともあり、脱サラして税理士を目指す決意を致しましたが、それが入社して六年目、二十八歳の時でした。

    【萩原】 税理士の国家試験は超難関ですので、勇気の要る決断だったとも言えますね。

    【坂本】 家内にも「二年くらい暮らせる貯金があるから頑張って」とエールをもらい、簿記専門学校に通学する生活が始まりました。そして縁あって簿記学校の担任講師に勧められて、受験科目の一つである財務諸表論の講師を六年間務めました。講師を経験したことで会計を通じて世の中を見る術を得たり、相手に分かりやすく説明することの大切さを体感できたことに加え、大勢の税理士仲間を得たことも私の貴重な財産になっています。
    その後、義父の税理士事務所に転職、ここで三年間税理士としての基礎を叩き込まれて在職中に税理士資格を取得し、平成十五年に事務所を引き継ぎ独立開業の運びとなりました。ですから私自身は開業して丸五年ですが、義父から地盤を受け継いだこちらの事務所自体は四十年ほどの歴史があります。

    【萩原】 四十年の歴史がおありだとクラインアントも多いでしょうね。

    【坂本】 恵まれたスタートを切ることができたことに感謝しています。創立四十数年というお得意様も数社あり、義父とお客様との長い信頼関係に傷をつけてはならないという思いが常に念頭にあります。また、新しいお客様としましては、より良いサービスや話しやすい税理士を求めてホームページをご覧になってお声を掛けて下さる方が多いですね。一度お目に掛かるとほとんどお話がまとまります。

    【萩原】 坂本氏の明るく話しやすいお人柄が相手の方の心を開かせる要因になるのでしょう。お客様はどういった業種の方が多いのでしょうか。

    【坂本】 得意分野を作るようにとのアドバイスも頂きますが、相続のご相談が多いこともあって業種には特にこだわりはなく、幅広くオールマイティーにやらせて頂いています。ただ、家内の母がお寺の家系で義父に税務をみてほしいとの依頼があったのを機に宗教法人からのご依頼が増え、旧ホームページでも簡単に記載しただけで全国から問い合わせがありました。そこで、私も義父から引き継いだ宗教法人に関するノウハウ
    を更に生かすべく、新規に『宗教法人税金相談.com』という専門サイトを立ち上げ、多くの反響を頂いています。

    【萩原】 お寺にはどんぶり勘定的なイメージがありますが、ホームページを拝見して税金に関する詳しい説明を始め、収益事業や住職と檀家の関係性など丁寧に分かりやすくまとめておられることに感心しました。

    【坂本】 宗教法人を専門に手掛けている事務所は全国的にも少ないようでして、今後も多くのお寺の経営をトータルにサポートし、お役に立てればと思っています。

    【萩原】 お客様のエリアとしましては。

    【坂本】 車で移動できる範囲をめどにしていますが、先ほどお話し致しましたように最近では宗教法人に関してはホームページをご覧になった全国の方から問い合わせが寄せられますので、幅広く対応させて頂いております。

    【萩原】 では、このお仕事で大切にされているモットーをお聞かせ下さい。

    【坂本】 お客様にとって税理士は単なる税金屋ではなく《よろず相談所である》をコンセプトに掲げています。商売はつまるところ経営者次第であり、最終判断は常に自分で行なわなければいけません。それゆえ経営者は孤独であり、時として相談相手が必要です。私どもは社外取締役のような頼りになる相談者として、経営について《一緒に悩み》、《一緒に成長したい》という気持ちが基本にあります。そしてお客様と信頼関係を築き、最善の解決方法をご提案することが税理士の使命だと自覚しています。また、他分野の専門知識が必要な場合は弁護士や司法書士、社会保険労務士など他のエキスパートとのネットワークを活用し、《ワンストップサービス》を提供できる総合経済事務所を目指しています。

    【萩原】 最後に今後の抱負をお願いします。

    【坂本】 今後ともお客様には大いにお金を儲けて気持ちよく税金を払って頂けるようなアドバイスや提案をさせて頂く所存です。ただし、税理士という仕事には誇りを持ち、やり甲斐を感じていますが、将来的にはそこで得た経験や知識を生かし、税理士という枠に捕らわれない事業を展開したいと思います。

    【萩原】 何でも相談できる頼もしい存在として今後も更にご活躍の場を広げて下さい。
    本日はありがとうございました。

  • 宗教法人への税務調査

    2008年10月11日 今現在、当事務所の宗教法人のお客様(最近顧問先になったばかり)が税務調査中です。

    調査員との会話の中で、「当税務署では今年、宗教法人への税務調査を強化しています」とのことです。

    調査の内容をちょっと・・・(もちろん当事務所の関与前のものも対象です)
    1.現金出納帳と預金通帳(郵便局、銀行)のチェック。
      ※当日の現金有り高も調べられました。記帳中の帳簿の最後から当日までの入金・領収書などをチェックして確認。
    2.墓地を所有しているので、永代使用料の記帳確認及び通帳への入金チェック。
    3.墓地における墓石業者からの紹介料(帳簿上は寄付金収入となっていましたが・・・)
    4.駐車場(収益事業)の入金などの確認。

    指摘された修正事項からひとつ。
    墓石業者からの紹介料を収益事業の収入には入れていなかったので、修正に応じることにしましたが、
    住職いわく「以前の税務調査の際、調査官から収益事業として申告しなくても良い」と言われていたとの事。
    現調査官は、「そうですか・・でも申し訳ありませんが・・・」と言うのみ。
    ともかく、業者からの紹介料(帳簿上どんな表現をしても)は収益事業(周旋業)になるので、ご注意を!!

宗教法人のご相談はお気軽に
TEL:072-848-1555/FAX:072-848-7555 お問い合わせフォームはこちらからどうぞ

訪問地域

  • 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県
  • その他の地域の方もお気軽にご連絡ください。

    詳細はこちら

宗教法人税金相談.com
坂本篤宣税理士事務所
〒573-1183
大阪府 枚方市 渚南町 26-28
ユニライフ御殿山301
TEL:072-848-1555
FAX:072-848-7555
営業時間:9:00〜17:00
定休日:土曜・日曜・祝日
E-mail:
customer@sakamoto-office.net

事務所案内

FlashPlayer

動画コンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player(無償)が必要です。 

SEO対策 大阪 税理士 会計士 大阪
宗教法人税金相談.com 坂本篤宣税理士事務所ホーム事務所案内よくある質問お問い合わせホーム事務所案内よくある質問お問い合わせ